歳を重ねてもやりたいことをやって自由に楽しく生きる方法

admin じぶんデトックス

先日誕生日を迎え、40代に突入しました。

昔は歳を重ねるのが怖く、「あーなんか色々と不自由なんだろうな……」と勝手に思っていましたが、蓋を開けてみれば今が一番自由だし楽しく生きています。

それはもちろんじぶんデトックスをしたからなのですが、じゃあ特に何がどう変わったのか?について、私のこじらせ時代の思考例も交えながらお話します。

 

そもそも、じぶんデトックスって何?

歳を重ねてもやりたいことをやって自由に楽しく生きる方法

言いたい事を言わず、やりたいことをやらず、私なんて何もできないダメな人間というレッテルを貼っていた30代前半。

私は人生最大のどん底期を迎えていました。

「落ちるところまで落ちて、底に足がついたらあとは上がっていくだけだよ」という言葉を励みに耐えていたのですが、待てど暮らせど、いつまで経っても底に着かなくてですね。

嫌だー!つらいー!もうしんどいー!なんで私ばっかりー!

と、心の中でグチグチ言いながら生きていたのですが、ある時「私が原因なんだ」と認め受け入れることができまして。

その時に行ったのが、じぶんデトックスです。

じぶんデトックスとは、本当の自分らしい人生をスタートするために、整理整頓をして、今までの人生で培ってきた「じぶん」を一度デトックス(取り除く、手放す、捨てる)すること。

生き直すために「今までの自分」「その自分がつくった環境」をリセットしたことが大きな転機となりました。

 

▶︎じぶんデトックスってなに??

 

25歳なんてもう歳だよね。

歳を重ねてもやりたいことをやって自由に楽しく生きる方法

今でこそ、やりたいことはとりあえずやってみる精神で生きていますが、昔からそうだったわけではありません。

なんなら、25歳の頃にはすでに「もう歳だから……」と言っていました。

ほんと、自分は何もできないと思っていたんですよね。

 

・挑戦しないから失敗しない

・失敗に慣れていないから失敗を恐れるようになる

・だから経験値が上がらない

・成功体験を積み重ねることができない

・結果、自信がない

 

保育士や幼稚園教諭をしていた頃は、この状態のまま↑大きくならないように子どもたちにアプローチしていたのですが、いざそれが自分となると難しくて。

人のサポートはできるけど、自分のこととなると尻込みしちゃう。

いい大人が「自分を変える」って、なかなか大変です。

やらなくていいなら、正直やりたくない。

でもやらないと底なし沼に落ち続けるだけだから、じぶんデトックスというテコ入れが効果を発揮したのだと思います。

 

歳を重ねてもやりたいことをやって自由に楽しく生きる3つの方法

歳を重ねてもやりたいことをやって自由に楽しく生きる方法

じぶんデトックスをして変化したことはたくさんありますが、特に効果があった3つの方法をご紹介します。

 

① レッテルを貼り替える

自分に貼り付けているレッテル、自分自身に抱いているイメージ。これを新しいものに変更するだけで人生はガラッと変わります。

私の場合「私なんて何もできないダメな人間」というレッテルを貼り付けていましたが、これを剥がして捨てて、新しいレッテルを貼りつけました。思い込みって怖いけど素晴らしいものでもあるんです。レッテルの貼り替えは、じぶんデトックスをしなくても今日からすぐできるのでおすすめですよ。

 

② 心の声・本音を大切にする

やりたい事をやろうとすると、いろんな人がいろんな事を言いますし、それ以上に自分が勝手にまわりの目や評価を気にして制限をかけようとします。

やっぱりやめておこう……と諦めるのではなく、「本当はどうしたい?」と自分に尋ねること。本音を大切にすること。本当に大切にすべきモノを大切にできるようになれば、人生はもっと自由になります。

 

③ 自分の人生を生きると決める

余計な価値観や思い込みを握りしめていると、まわりと比べて勝手に落ち込むとか、自分にも勝てそうなところを探し出してマウント取ろうとするとか、無駄なことに時間やエネルギーを投資しがちです。

それって自分を生きていないんですよね。

誰かの意見や人生、世間の評価を生きていたらそりゃあ苦しいです。視点は常に自分。「自分はどうしたいか?」が軸にあって、それをどう活かすか、です。

 

40代、50代。こうやって歳を重ねたい。

歳を重ねてもやりたいことをやって自由に楽しく生きる方法

「私なんて何もできないダメな人間」というレッテルを貼り、我慢して自分を諦めて生きていた頃は、それを証明することばかり起こっていたけれど、今はそんなことはほとんどなくなりました。

自分で選んでいたんですよね、苦しい生き方を。

こう在りたい、と思う自分にとって不要なモノは都度デトックス(取り除く、手放す、捨てる)する。

こう在りたい、と思う自分にとって不要なモノを選ばない。

この繰り返しをひたすら続けたことで、私という人間は変わっていないのに、中身が変わったから目の前の現実は変わっていきました。

 

40代は始まったばかり。

私は100歳まで生きる予定なので、人生全体で考えると中間地点にも達していないんですよね。

ということはですよ、まだまだやることはたくさんありますね^^

自信が持てなくて可能性を諦めて苦しい生き方を選んでしまう人がひとりでも減るように、これからは今まで以上に頑張っていきたいと思います。

 

 

https://tidylife.jp/service/